Thema (シーマ) サブジェクト カテゴリー 1.4

シーマの以前のバージョンはまだ利用可能です 1.3 1.2.

シーマ の階層化された件名分類を閲覧または検索できます。

画面下の 検索のヒント もご覧ください。

コード 見出し 追加 改定 ?
Y 子供、YA(ヤングアダルト)、教材
【すべてのY*コードの用途】すべての Y*コードは、青少年または思春期の読者を対象とした、または意図的に書かれた、または作成された題材に使用してください(ただし、X*コードのグラフィックノベル、コミックブック、漫画を除く)。【使用禁止】Yコード自体を使用せず、Y*コードから特定のコードを選択してください。【すべてのY*コードとの組合せ】すべてのY*コードは、興味の開始年齢の目安を示すために、(詳細な年齢範囲は他のメタデータに含めるべきである)対象年齢 5A*クォリファイアーを1つだけ使用してください。 - または、YP*コードには教育目的 4*クォリファイアーを使用してください。その他のすべてのクォリファイアーは、必要に応じてY*コードと一緒に使用することができます。【使用禁止】10代後半の青少年にもアピールする可能性のある主に成人向けの題材には使用しないでください。「ニューアダルト」の内容については、5LKE の注釈を参照してください。. 【他の候補】
1.4
YP 教材
【すべてのYP*コードの用途】学校の教科書、教科書、復習教材、試験対策などを含む、就学前、初等・中等教育用の教材に使用します。高等教育を目的とした教材、研修スタイルの教材、成人の職業資格のための教材については、必要に応じて、 Y*以外のサブジェクトコードを使用できます。【すべての YP* コードの組合せ】すべての YP* コードは、必要に応じて、少なくとも 1 つの教育目的 4* クォリファイアー と組合わせることができます。. 【他の候補】 JNU 特定科目の指導, JNUM 教師の教室資源&資料
1.4
YPM 教材:数学、科学、技術、一般
【適用】STEM学習、STEAM教育はここに適用します。【日本補足説明】STEM教育とはScience(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)のそれぞれの単語の頭文字をとったもので「4つの領域の知識を横断的に活用し、つくることで学ぶ学習」のことで、アートのAを加えて、STEAM教育に関係する作品を適用します。
1.4
YPMT 教材:技術
YPMT2 教材:設計&技術
【適用】教育:製品設計をここに適用します。
1.3
YPMT3 教材:工学
【適用】教材:車両工学と技術はここに適用します。【用途】中等教育レベルで教えられている工学コースに使用します。【組合せ】より専門的な工学材料のためのT*コードと一緒に組合せます。
1.3 1.4
YPMT4 教材:食品技術、料理技術
【適用】教育:栄養、調理をここに適用します。. 【他の候補】 YPWC4 教材:接待業、ケータリング業、レジャー産業、観光産業
1.4
YPMT5 教材:エレクトロニクス
【適用】教育:電子製品、システム&技術、電気をここに適用します。
1.3
YPMT6 教材:IT &コンピューティング、ICT
【適用】デジタルに関する色々な能力またはスキル、コーディングまたはプログラミングの授業をここに適用します。
1.4
YPMT7 教材:製図 1.3
YPMT8 教材:木工、金属細工など 1.3

バージョンの詳細